MENU

保育園の転職を成功させる

「今働いている職場の環境が良くない」
「人間関係がうまくいかない」

 

など、転職する理由はいろいろあると思います。

 

ですが、転職先も保育園を考えられている方も多く、「給料面の改善」「拘束時間の短縮」など、今の環境を変えたい方が多いのも事実です。

 

そこで保育士として保育園の転職を考える際、転職を成功させるために必要なことを紹介します。

 

保育士か別な職種か

 

転職を考えるうえで真っ先に考えなければいけないことは、どの職業に就くのか・・・ということです。

 

業種によっては資格が必要なところもあり、現職の間にその資格を取っておく必要があります。

 

また、転職する上で資格は必要なくても、その業種内の資格を持っていれば転職がスムーズになります。

 

そのほか、仕事と仕事の間で上手く段取りをしないと、その期間は収入が入らない点も考慮する必要があります。

 

家族がいてほかの人の収入がある場合はいいのですが、自分が家族を養っていたり、一人暮らしなどの場合は収入が入ってこなければ生活できません。

 

そのため、現職中に次の職場を決めることが大切です。

 

転職後も保育士として働くのか、まったく別な仕事を選ぶのかしっかり考える必要があります。

 

保育士として働く場合

 

保育士など資格を持った人たちの転職は、一般的なハローワークなどで探すよりも、専門職に特化した転職サイトに登録するほうが、より多くの求人を探すことができます。

 

一般的なハローワークには、いろいろな職種を希望している人たちが殺到しているため、なかなか採用する側と仕事を探している側の思いが一致しないことがあります。

 

保育士に特化した転職サイトであれば、保育士のみの案件を扱っていますので、効率よく求人を探すことができるのです。

 

また登録をおこなうことで、本人の希望条件に合った求人から、スカウトメールなどが来る場合もありますので便利です。

 

求人サイトによっては転職支援金などが出してもらえるところもあるので、上手く活用してください。

 

他の職種に転職する場合

 

保育士として働いていて、職場の人間関係などに悩み転職を考えている場合には、ほかの職種への転職もオススメです。

 

保育士という仕事は非常に狭い世界なので、保育園同士が結びついていたり、様々な研修などで職員同士顔を合わせたりする機会が多いため、職員同士がつながっている可能性も高いです。

 

今働いている保育園での人間関係が良くないからと別な保育園に行っても、情報が流されてしまう可能性があります。

 

そうなると別の保育園で働くことができても、結局は同じような目にあうことも考えられます。

 

他の職業へ転職する場合は、保育士をやめた理由も聞かれることと思います。

 

その時は元気良くはっきりと、しかし前の職場を批判しない方法で、やめた理由を言えるように考えておきましょう。

 

深く考えないことも大事

 

少し脅しのような感じで書きましたが、同じ職場でも職場環境が変われば、全く別の環境になることの方が多いです。

 

たしかに保育園の業界は狭いので、横のつながりが多いのは否定できません。

 

ですが、それはどこの業種も基本は同じです。

 

転職は自分をレベルアップさせるもので、決してマイナスになるものではありません。

 

良い出会いをはじめ、待遇面などの改善も、アクションを起こさなければ何も変わらないからです。

 

前向きな気持ちは面接でもプラスになりますので、上手く成功させましょう。