保育士の資格を取る方法

保育士として保育園に転職する場合、”保育士”という資格がなければ直接子供と接して働くことはできません。

 

もちろん、アルバイトとして募集しているところもありますが、その多くは「保育士の資格を持っている」ことが条件になっていることが多いです。

 

ですが、保育士は国家資格なので、簡単に取れるようなものではなく、それなりに資格の習得が難しい部類に入ります。

 

では、保育士の資格を取得するためには、どのような方法があるのかを紹介したいと思います。

 

保育士を養成する専門学校や短大・大学

 

保育士になろうと考える際、道として真っ先に思い浮かべるのがこのルートです。

 

保育士専門学校や短期大学の保育科・大学の保育科などがあります。

 

ここでしっかり保育士になるための勉強や実習などを行い、所定の時間以上の勉強を行えば、卒業と同時に保育士としての資格を取得することができます。

 

普通にしていれば誰でも資格が習得できるので、確実かつ簡単な方法だといえます。

 

専門学校や短大は、保育に関することを専門的に学びますし、大学では保育士としての専門的な知識や技術のほかに、一般教養を学ぶこともできます。

 

どちらでも取得する資格は同じですが、一般的に専門学校や短大卒よりも、大学卒業のほうが若干給料面は高い傾向があります。

 

これはどこの業種でも同じなので、最初から給料のことを考えるなら、大学で取る方がいいと思います。

 

保育園から保育園へ転職する場合でも、保育士の資格がなければ採用されませんので、保育士の資格は必須条件となります。

 

一般企業から保育園に転職したい場合

 

昔から保育士にあこがれていたけれど、商社やアパレルなど違う仕事を選んでしまった。

 

でもやっぱり子供が好きで、一般の仕事から保育園への転職を希望する人も多いです。

 

その場合にも、もちろん保育士資格が必要となります。

 

多くの人が保育士の資格を取る場合、大学や短大を卒業して資格を習得します。

 

ただ、一般企業から保育園に転職する場合、大学で4年も過ごすのは難しいと思います。

 

そのため、2年生の短大を卒業する方法もあるのですが、社会人から保育士になる場合は、専門学校(夜間や土日)または通信講座がオススメです。

 

特に通信講座の場合、現在の仕事をしつつ保育士の資格習得ができるので、空白になるロスもなく、すぐに働くことができます。

 

夜間や土日にある専門学校もオススメで、自分ひとりでは不安、または続ける自信がない方でも、同じ夢を持っている方と勉強でき、なおかつその道のプロである講師から直接勉強できるので、モチベーション維持などにも効果的です。

 

保育士の試験は年1回行われ、合格すれば保育士として保育園の転職を探すことができるようになります。

 

保育士としてのキャリアアップ

 

保育園で働くには保育士の資格があれば十分ですが、よりキャリアアップして、自分の仕事に生かせるほかの資格も取得しておきたいという場合、次のような資格があります。

 

まずは「認定病児保育スペシャリスト資格」です。

 

病院に入院するほどではないけれど、病気などが理由で一般の保育園には入園できない場合に、病気に関しての適切なケアと保育を行うことができる資格です。

 

病児保育に興味がある人には特におすすめですが、子供が急に具合が悪くなった時の応急処置などを学ぶことができるため、持っていて損はありません。

 

次に「臨床発達心理士」です。

 

臨床発達心理士は自閉症やADHAなど、発達障害を持つ子供や親をサポートするための知識を学びます。

 

発達障害を持つ子を保育するときに役に立つ資格です。

 

このような資格を取得しておくことで、いろいろな子供たちの保育に携わることができ、自分自身の仕事のスキルアップにもつながりますし、今後の転職する際にも有利になります。

 

まとめ

 

社会人から保育士に転職する場合、多くの方は専門学校か通信教育・講座で勉強します。

 

もちろん、大学に入られる方もいます。

 

ですが、4年間の学費を払う必要がある上に、年齢が高くなると4年間という時間はリスクも生じてしまうので、在職中に保育士の資格を取る方が多いです。

 

一度取ってしまえば一生涯使えますし、国家資格である点も大きいです。

 

保育士は常に人手不足なので、ぜひ自分の夢をかなえるためにも、保育士の資格を習得してくださいね☆