保育園から病院内保育所への転職

保育士として働くといえば保育園というイメージがありますが、今では病院やショッピングセンターなどの託児所などでも働くことができます。

 

そこで、通常の保育園から病院内の保育所へ転職するために覚えておきたいポイントなどを紹介したいと思います。

 

病院内保育所と一般保育園の違い

 

病院内、あるいは近隣に設置されていて、病院で働いているスタッフたちの子供を保育するのが仕事です。

 

通常の保育園とは違い、病院内保育所に子供を預ける職員は、看護師や医師などシフトの勤務が不規則なことが多いです。

 

また入院病棟がある大規模な病院では、365日、24時間職員が働いているため、病院内保育所もそれに対応する必要があります。

 

ほかの保育所は、年齢別ごとにクラスを設定し、年齢にあった指導なども行われます。

 

病院内保育所の場合は預かることもの年齢もバラバラで、人数も少ないため全年齢をひとまとめにして面倒を見ていることが多いです。

 

そのため、どんな年齢の子供にでも対処できるようにしておく必要があります。

 

しかし通常の保育園のように、園内行事が行われたりなどがあまりないため、業務負担が比較的軽めです。

 

勤務時間を確認しておく

 

入院病棟のある病院内保育所に転職する場合、出社や退社などの時間がない所もあります。

 

看護師や医者は、普通勤と夜勤に分かれてシフトを組んでいるので、子供を預かる保育士たちも、シフトを組んで対応することになります。

 

そのため転職をするにあたっては、自分が受けようとしている職場のシフト状況についてしっかり確認しておきます。

 

看護婦たちのほうに複雑なシフトを組んでいる保育園もあれば、夜勤組と日勤組に分けて交代させているところもあります。

 

自分が働けるシフトを組んでもらえるかどうか、きちんと確認しておきたいところです。

 

福利厚生や社会保障を確認しておく

 

病院内保育所は24時間365日対応しなければならないため、正職員だけで対応するのは非常に難しく、アルバイトやパート・派遣職員なども多数入るところが多いです。

 

業務形態が多くなると、気になるのが社会保障や福利厚生などを受けることができる条件です。

 

正職員並みに福利厚生や社会保障を受けたい場合は、正職員として働くか、パートやアルバイトでも正職員並みの勤務時間勤務することが必要です。

 

しかし、その分子供の具合が悪くなった時などに、比較的容易に休みを取ることが難しくなります。

 

福利厚生や社会保障などを期待しなければ、自分や自分の子供に何かあった時などに、休みを取るなど自由がききやすくなります。