スタッフの児童を預かる保育所

事業所や企業内にある保育所は、その事業所や企業で働いているスタッフの子供を、勤務時間中に預かって保育を行います。

 

認可保育園に区分され、待機児童が多い地域の場合には、待機児童を解消させるために地域の児童も受け入れるところもあります。

 

一般の保育園と違うところ

 

子供を預かって親が安心して働くことのできるように、保育を行うところは一般の保育園と同じです。

 

しかし、一般の保育園は職員の勤務時間がある程度決まっていて、その勤務時間内に子供を送迎できる人がメインとなっています。

 

一方、事業所や企業内にある保育所の場合は、その事業所や企業で働いている人たちの子供がメインとなっています。

 

そのため、その事業所内の勤務時間によって、保育士の勤務時間も異なってきます。

 

事業所や企業内で働くスタッフの子供だけを預かっている場合には、少人数で園児が構成されることも多いです。

 

一般的な保育園とは違い年齢別のクラス構成ではなく、全年齢が一つの部屋で過ごす縦割り保育になっている点です。

 

ですから、縦割り保育に興味のある保育士であれば、一般的な保育園より企業内保育所のほうが魅力的です。

 

保護者と連携がとりやすい

 

預かっている子供の数が少ないということもありますが、親が働いている職場の敷地内、もしくは敷地に非常に近い場所に保育所が設置されています。

 

親自身も休憩などを利用して、自分の子供の様子を確認しに行くことができるのです。

 

何かがあった時でも、すぐに保護者に連絡を取ることができ、親にとっても保育士にとっても安心に利用することができます。

 

また、企業内で働くスタッフの子ばかりを入れている保育所であれば、地域にある保育園に比べ人数が少ないこともあります。

 

年齢も様々で、企業で働く職員の勤務シフトによっては、保育園に来る時間もバラバラなことが多いため、縦割り保育を行っているところが多いです。

 

また園内行事なども非常に少ないことから、地域の保育園に勤務するより業務面での負担は少なめです。

 

保育園からの転園は可能か

 

基本的に子供をしっかり観察して、親が安心して働けるように、勤務時間の間に子供の面倒を見るという点では仕事内容は同じです。

 

保育園の保育方針になじむことができず転職したい場合には、保育園から転職することも可能です。

 

しかし注意したいことは、人間関係が地域の子供を預かるよりも複雑になってしまうこと。

 

企業内に設けられている保育士の場合、保育士の休憩場所も企業の休憩場所を使用するところもあります。

 

そのような場合、一度親と人間関係がこじれてしまうとなかなか関係を元に戻すことが難しくなります。

 

「人間関係をうまく作っていくのが苦手」「一度悩み始めるとなかなかリセットさせることができない」という人は、企業内保育所より地域の保育園のほうが向いているといえます。

 

一方、「自分が働きたい時間帯で働ける保育所を探したい」「人間関係を築くのが得意」「縦割り保育に興味がある」などといった場合には、地域の保育園より企業内保育所のほうが向いているといえます。