未経験の方が保育園に転職するには?

仕事についていたけれど、やっぱり子供が好きだから保育士になりたい。
子育てを経験して保育士として働きたい。

 

などなど、子供と関わることが好きで、転職などをして保育士として働くためには、何が必要なのでしょうか?

 

ここでは、未経験者が保育士になるための方法を紹介します。

 

保育士の資格を取得する

 

保育士として転職する前に、保育士の資格が必要です。

 

保育士の資格を取得するためには、専門学校や大学などで保育士としての資格を取得するほかに、通信講座などでも保育士の受験資格を取得できる講座があります。

 

仕事などをしている場合、専門学校や大学などで勉強している時間はなかなかとることができないため、通信教育や通信講座などで保育士の資格を取得するための勉強をしておきます。

 

また、保育士養成課程を出た場合には卒業と同時に資格を取得することができますが、社会人から保育士になるためには、保育士の国家試験を受験する必要があります。

 

保育士の国家試験は合格率が非常に低く、難関の試験ですが合格すれば晴れて保育園への転職ができます。

 

専業主婦などで学ぶ時間をしっかり確保できる場合には、専門学校や大学の保育科を受験したほうが早く保育士になることができます。

 

なぜ保育士になりたいのか

 

未経験で保育士に転職する場合、必ず聞かれるのが「なぜ今保育士になりたいと思ったのか」ということです。

 

特に前の職種が子供や人と接する仕事でない場合にはなおさら気になる部分です。

 

もちろん、「子供が好き」「昔から保育士にあこがれていた」という思いがあるから保育士になることを決意したのであろうことは誰もが想像できます。

 

しかし、保育士の実際の仕事は、あこがれや子供好きというだけでは長く続けることのできない過酷な仕事です。

 

そのため、保育士の仕事が自分に向いている仕事であるということ、体力や精神力に自信がある場合にはしっかりとアピールすることが大切です。

 

保育園に転職する前に、本当に保育士は今の仕事を辞めてでも魅力的な仕事なのかどうかを、じっくり考えてから転職を考えましょう。

 

社会人としての経験や常識 

 

未経験者可能と書かれているからと言って、無資格の状態で働けるわけではありません。

 

保育士としての資格を持ちながら、ほかの仕事をしていたり、専業主婦などで埋もれている人たちを引き出したいという意味が込められています。

 

保育園側は新卒者を採用する場合、社会人としての常識から教育する必要があります。

 

そのため職場に慣れてしっかり仕事ができるようになるまでには時間がかかるのです。

 

一方未経験者の場合、資格は持っていても今までは保育園以外のほかの職種や専業主婦などとして、社会を体験しています。

 

そのため、社会人経験のある人のほうが保護者への対応などもスムーズで、社会人教育も必要ないことから即戦力として仕事をさせることができるメリットがあります。

 

社会人としての経験を保育の場で生かすことができることをしっかりアピールできれば、未経験でも保育士として転職することができます。